松田軽太のブロぐる

企業の情シスで働いています。このブログでは読んだ本など思いつくままに書いています。

【スポンサーリンク】

なぜいつまで経ってもCOBOL言語は使われ続けるのか?

なんかここ最近、にわかにCOBOL言語が話題になってるなと不思議に思いました。 こんにちは! 松田軽太です。 普通に考えたら「令和の時代にCOBOL言語の話題なんかないでしょ?だってCOBOL言語って絶滅寸前の化石言語でしょ?」と思いますよね。 しかし、COBO…

ブログは『知識と経験のお裾分け』の場にしたいと思った理由

ブログを開設してそろそろ一年半が過ぎました。 こんにちは!松田軽太です。 ブログ開設後、3ヶ月以内に9割近くがメンドクサイので止めてしまうとよく聞くので、はたしていつまで更新できるのだろうか?と心配しましたが、どうにか一年を乗り切ることができ…

なぜいつまで経ってもAS400はなくならないのか?

みなさんは『IBMのAS400』ってコンピューターはご存知でしょうか? 「あー、昔、会社で使ってたみたいだけど」と思う人も居るでしょうし「ウチの会社はまだ使っているみたいだけど、さっさと別のシステムに載せ変えちゃえばいいのにね」と内心、思っている人…

社内プレゼン資料を効率よく作るための「お約束」を決めておくと良い

前回は社内プレゼン資料を作るための考え方をご紹介しました。 www.matudakta.com 今回はその続きでプレゼン資料をつくるための具体的なお約束をご紹介します。 参考にしたのは前田 鎌利氏の著書『社内プレゼンの資料作成術』です。 社内プレゼンの資料作成…

『社内プレゼンの資料作成術』はもっと早く読んでおくべきだった

「パワポで作る資料ってどうすれば見やすくなるのかな?」と相談されたのですが「あれ?見やすい資料ってなんだろう?」と困りました。そんな時に前田鎌利氏の著書『社内プレゼンの資料作成術』が目に止まったのです。社内プレゼンの資料作成術作者: 前田鎌…

武井壮が説く「アスリートも真剣に稼ぎ方を考えるべき」が正論すぎるという話

武井壮といえば「○○の倒し方」という鉄板芸でバラエティなどで大活躍されているアスリート系のマルチタレントという印象があります。 こんにちは! 松田軽太です。 実は少し前まで武井壮というのはちょっとスポーツが出来るだけのタレントなのだと思っていま…

【映画】『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』はピーターとネッドとMJの恋と友情を楽しむ作品だと思った

衝撃の『アベンジャーズ/エンドゲーム』から早くも2ヶ月が過ぎました。 つい最近の出来事のようで、まだまだ心傷が癒えない人も多いのではないでしょうか? こんにちは! 松田軽太です。 マーベルファンとしては『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界…

【スポンサーリンク】