松田軽太のブロぐる

企業の情シスで働いています。会社の中では何をしてるのかナゾな職場の情シスあるあるなどや読んだ本のことなどを思いつくままに書いています。

【スポンサーリンク】

働き方

『結局のところ「DX」ってなんなのだろう?』を「美人すぎる魚屋さん」を事例に考えてみた

「これからの時代、DXできない会社は生き残れない」といったような言葉を毎日のように目にするようになりましたね。 こんにちは! 松田軽太です。 今やすっかりバズワードになった「DX」ですが、実際のところ、何をもってしてDXなのかサッパリ分からなくなっ…

【RPA初心者】Power Automate Desktopで基幹システムへのデータ入力をしてみたら効果絶大だった!という話

2021年3月にマイクロソフトが提供するRPAツール『Power Automate Desktop』が無償で利用できるようになりました。 こんにちは! 松田軽太です。 ちなみに3月のPAD祭りの様子はこちらに書きました。 www.matudakta.com まだ僕も使い始めたばかりですが、使っ…

悩めるひとり情シスこそ「自分の職場環境はブラック職場なのか?」と我に返ってみると良い理由

Twitterを見ていると情シス残酷物語みたいなエピソードが流れてくることがあります。 こんにちは!松田軽太です。 たとえばmomoさん。 彼女が綴ったnoteのエピソードを読んだら、あまりのヒドい環境に驚きを禁じえませんでした。 ひとり情シス時代。服薬して…

マイクロソフトのPAD(Power Automate Desktop)は市民開発者を目覚めさせることができるか?

2021年3月の大ニュースといえばPADの無償化でしょう。 PADとはマイクロソフトの開発するRPAツールでPower Automate Desktopの略称です。 さすがに毎回「Power Automate Desktop」って書くもの大変ですしね! flow.microsoft.com PADは従来も有償サービスとし…

下手にシステム内製化のブームに乗らない方がよい理由

DXブームのせいか、最近は「自社の業務システムは外注するんじゃなくて、社内で内製化した方が良い」っていうことでシステム内製化に関心が集まってきていますね。 こんにちは! 松田軽太です。 とはいえこのシステム内製化ブームに安易の乗ってしまうとあと…

時間のムダでしかないグタグタ会議は「人生」という時間の浪費でしかない

激動の2020年が明けて、2021年を迎えることができました。 こんにちは! 松田軽太です。 今回は会議のやり方について書いてみたいと思います。 皆さんの会社での会議はスパン!スパン!と小気味よく意思決定ができていますでしょうか? 実際のところ、けっこ…

これからRPAやローコード開発を導入しようと計画している人は『しくじり先生』に気をつけよう

RPAという事務処理自動化ツールの登場により、情報システム部門に頼らずとも業務部門の担当者が自分自身で業務を自動化することができる時代になりました。 こんにちは! 松田軽太です。 RPAは自動記録やノーコードでロボットを作成できるので、プログラミン…

『業務改善の問題地図』は業務改善という険しい道の進み方を案内してくれる本だという話

皆さんの職場でも業務改善は大きな課題になっているのではないでしょうか? ということで、『業務改善の問題地図』という本を読みました。 業務改善の問題地図 ~「で、どこから変える?」~進まない、続かない、だれトク改善ごっこ 作者:沢渡あまね,元山文菜 …

『直線は最短か?』と考えることから新しい視点や発想が生まれる

『直線は最短か?』というタイトル、なかなか面白いと思いませんか? こんにちは! 松田軽太です。 『直線は最短か?』というのは『小さくても勝てます』を書かれた阪原淳氏の著書です。 直線は最短か?~当たり前を疑い創造的に答えを見つける実践弁証法入門 …

情シス部門が業務部門と仲良くなるにはExcelの活用方法を教えてあげるのがてっとり早いという話

会社の中での情シス部門への大きな誤解は「情シスの人は何でも知っているに違いない」という過大評価ではないでしょうか? こんにちは! 松田軽太です。 よくあるのは総務部が導入したFAX複合機の操作説明の役割が、なぜかいつの間にかに情シスがやることに…

【VUCAの時代】先の見えない不確実な時代ではアジャイル開発が必須となる理由

最近のシステム開発では『アジャイル開発』という言葉をよく耳にしますね。 こんにちは! 松田軽太です。 なぜ今、『アジャイル開発』が話題になっているのでしょうか? ということで今回はアジャイル開発について考えてみたいと思います。 なぜウォーターフ…

【IT介護】情シスはこのまま永遠にIT介護しなければならないのか?

なにやら最近、Twitterで気になるワードが目につきました。 それは『IT介護』という言葉です。 キッカケはこのツイートです。 「エラー出たんだけど緊急だからすぐ対応して!」と偉い人に言われて慌てて駆けつけた結果がこれ pic.twitter.com/H2rthzttnA — N…

『業務システムを内製化する』ということは「作った人にも業務を安定稼働させる責任が伴う」という話

今は2020年の5月ですが、外出禁止の自粛ゴールデンウィークも終わり、このまま無事に非常事態宣言が解除されたら、世の中はアフターコロナに向けて動き出すのでしょうね。 こんにちは! 松田軽太です。 (※ この記事、書いたことをすっかり忘れてて、今日、…

PRAが事務部門のカイゼンだけではなく製造部門のカイゼンにも活用されはじめたという話

もう連日の新型コロナウィルス報道で気が滅入る日々ですね。 こんにちは! 松田軽太です。 そんな中でトヨタ自動車の豊田章男社長の力強いメッセージが話題となっています。 youtu.be 誰かの書いた原稿を棒読みする政治家と違って、自分の言葉で訴えかける豊…

お弁当の請求金額を簡単に照合する方法|ピボットテーブル編

前回、Excelでお弁当の発注管理表を作成しました。 www.matudakta.com こんにちは! 松田軽太です。 ここまで発注内容を管理できるようにしたのだから、せっかくなので請求金額も分かるようにしたいですよね。 ということで今回はお弁当の請求金額を簡単に集…

脅威の識字率!AI-OCR『DX Suite』で手書き伝票をデータ化して業務を効率化する話

イマドキの業効率化の定番アイテムといえばRPAですよね。 RPAとはロボティック・プロセス・オートメーションの略で、要するに「事務作業を自動処理するソフト」のことです。 しかし、今回はRPAの話ではなく業務効率化の手段としてAI-OCRを活用してみてはどう…

高田ゲンキ氏の著書『フリーランスで行こう』はこれから本格化する複業時代のサラリーマンにも参考になるという話

Twitterでよく見かける高田ゲンキさんのマンガ『フリーランスで行こう』を読んでみました。 【マンガ】フリーランスで行こう! 会社に頼らない、新しい「働き方」 作者:高田 ゲンキ 出版社/メーカー: インプレス 発売日: 2018/08/22 メディア: Kindle版 こん…

毎日の弁当発注作業をExcelで簡単に管理する方法 【Excel初心者向け】

職場のお弁当発注ってけっこう手間のかかる作業ですよね? こんにちは! 松田軽太です。 お弁当発注って毎日の作業なので、一年間の作業時間の総数で考えるとけっこう時間になります。 毎日の作業だし発注数を間違えて足りなくなると、お昼ご飯が足りなくな…

SUMIFS関数を使って日々の集計作業を爆速にする方法 【Excel初心者向け】

事務作業をしていると毎回、定期的に集計している作業ってありますよね。 こんにちは! 松田軽太です。 総務課だと毎日のお弁当の発注数を集計したり、営業だと売上実績を得意先別や月別に集計したりしていると思います。 最近、よく相談されるのが「定期的…

開発経験のない情シス部は まずローコード開発ツールを使ってみるのがオススメ

皆さんの会社には情シス部門ってありますか? こんにちは! 松田軽太です。 「情報システム部はコンピューターシステムの専門家なんだから、チャチャっと業務システムを作っちゃうんだろうな」とか思っちゃいますよね? でも、現実は全然違ったりします。 業…

情シスに配属されたけど、仕事が上手くいかなくて悩んでいる人は『システムを「外注」するときに読む本』がオススメ!

最近の情シスの主な仕事ってITベンダーと自社部門の間のつなぎ役がメインの仕事になってませんか? こんにちは! 松田軽太です。 しかし、これ、けっこう辛いですよね。 発注主の会社がどんな作業をしているのかITベンダーは分からないし、自社部門の人たち…

『情シス』という仕事を希望する人はまず『システムの問題地図』を読んだ方が良いという話

情シスって会社の仕事をIT技術で変革する仕事だから、もしかしたらスマートなものだと思われていないでしょうか? こんにちは! 松田軽太です。 例えば情シスの求人情報を読むと『社内のIT化を担う重要なポジションです。自分たちでIT技術を活用して社内シス…

デジタル・トランスフォーメション(DX)の時代になると『ひとり情シス』の未来は明るくなるかもしれない

昨今、多くの経済誌で『これからの時代はデジタル・トランスフォーメション(DX)が事業の大きな要素になる』と言われていますね。 こんにちは! 松田軽太です。 今までIT技術が経営に直接、影響するのはサイバーエージェントやヤフーや楽天などの情報サー…

RPAを「超高速開発ツール」と位置づけすると『ひとり情シス』の強い味方になるハズだという話

皆さんの会社の情シス部門って何人いますか? こんにちは! 松田軽太です。 最近では情シス部の平均的な人数は従業員数の1%だと言われています。 従業員100人の会社であれば1人ということになります。 長年、情シス部は利益を生まないコストセンターとしての…

「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」でRPAの可能性の凄さを感じた話

BizRobo! LAND 2019 RPAのイベント「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」に参加してきました。 こんにちは! 松田軽太です。 ちなみに僕はRPAについて調べている段階で、まだ導入していません。あくまでもまだRPAを使ってない人の視点で書かれています。 ということ…

『中小企業共通EDI』が普及すると業務効率化の壁になってるFAXを廃止できる?

皆さんの会社ではFAXという機械が現役バリバリで稼動してますか? こんにちは! 松田軽太です。 日経コンピューターの2019年7月11日号に『受発注革命 迫る「2023年問題」、今こそシステム刷新の絶好機』という煽りまくった特集記事が掲載されていました。 こ…

社内で立場の低い情シスこそ社内政治を意識すべき理由

サラリーマンであれば社内政治と無縁というワケにはいきません。 こんにちは! 松田軽太です。 ということで今回は『社内政治の教科書』を参考に社内政治について考えてみたいと思います。 社内政治の教科書 作者: 高城幸司 出版社/メーカー: ダイヤモンド社…

自分のために生産性を上げて「ひとり働き方改革」をする方法

働き方改革の具体的な手段が「無計画な残念禁止令」という会社も多いんじゃないでしょうか? こんにちは! 松田軽太です。 仕事って単純に時間の長さだけでは測れないじゃないですか。 仕事のアイディアを練っていて、良い案が浮かんだら、時間を忘れて練り…

情シス部門が会社の中で「もう情シスなんか要らない」と陰口を言われるワケ

古い資料などを整理していたら昔の日経コンピューター誌が出てきました。 特集記事は「崖っぷちのIT部門 戦略組織への改革、ラストチャンス」というセンセーショナルなタイトルです。 こんにちは! 松田軽太です。 5年前から「もう情シスなんか要らない」と…

【働き方改革】正しい『脱社畜の働き方』という考え方

『脱社畜』という言葉がなんだか胡散臭い言葉になったのはいつ頃からでしょうか? こんにちは! 松田軽太です。 最近、どうも『脱社畜』というとなんだか怪しげなイメージがありますよね。 おそらくそれは2019年のはじめに起こった『脱社畜サロン問題』が原…

【スポンサーリンク】