松田軽太のブロぐる

企業の情シスで働いています。このブログでは読んだ本など思いつくままに書いています。

【スポンサーリンク】

スキル

なぜいつまで経ってもCOBOL言語は使われ続けるのか?

なんかここ最近、にわかにCOBOL言語が話題になってるなと不思議に思いました。 こんにちは! 松田軽太です。 普通に考えたら「令和の時代にCOBOL言語の話題なんかないでしょ?だってCOBOL言語って絶滅寸前の化石言語でしょ?」と思いますよね。 しかし、COBO…

なぜいつまで経ってもAS400はなくならないのか?

みなさんは『IBMのAS400』ってコンピューターはご存知でしょうか? 「あー、昔、会社で使ってたみたいだけど」と思う人も居るでしょうし「ウチの会社はまだ使っているみたいだけど、さっさと別のシステムに載せ変えちゃえばいいのにね」と内心、思っている人…

『社内プレゼンの資料作成術』はもっと早く読んでおくべきだった

「パワポで作る資料ってどうすれば見やすくなるのかな?」と相談されたのですが「あれ?見やすい資料ってなんだろう?」と困りました。そんな時に前田鎌利氏の著書『社内プレゼンの資料作成術』が目に止まったのです。社内プレゼンの資料作成術作者: 前田鎌…

「値下げしても儲かるカラクリ」について考えてみた

さて、今回も永井孝尚氏の著書『なんで、その価格で売れちゃうの?』をベースに「値下げしても儲かるカラクリ」について考えてみたいと思います。 前回、「値下げは一時的な集客はできるけど、値下げした値段にお客さんが慣れちゃうと、定価で買ってもらえな…

【データベース初心者向け】データベースソフトで請求管理を設計する時の考え方

前回、困ったExcelの請求管理をデータベースソフトでアプリに置き換えてみました。 こんにちは! 松田軽太です。 今回は「何をどう考えればデータベースソフトでアプリを作れるのか」を解説したいと思います。 Excelでどう管理しているかを整理する まずは今…

【業務効率化】何でもかんでもExcelで頑張るんじゃなくてデータベースで管理した方が手っ取り早いという話

友人から「あのさぁ~、Excelで請求書と請求一覧を管理したくて作ったのだけど、けっこうメンドクサイからなんとかならない?」と相談を受けたのですが、なんかExcelでゴニョゴニョと管理しているよりはデータベースで管理しちゃったほうが手っ取り早かった…

【人手不足対策】RPAを導入する前にExcel-VBAで業務の自動化をオススメする理由

今、たくさんの会社がRPAの導入を検討しています。 RPAとはロボティクス・プロセス・オートメーションの略で、なにをするものなのかというと「事務処理を自動化するロボット」のことです。 こんにちは! 松田軽太です。 実はここ数年でRPAの需要は爆発的に増…

【脱Excel】 Kintone(キントーン)をExcelみたいに使えるプラグイン「 krew 」がスゴい理由

今回はKintone(キントーン)をExcelみたいに使えるという、まるで魔法のようなプラグイン「krew」をご紹介します。 krew.grapecity.com こんにちは! 松田軽太です。 そもそも Kintone(キントーン)とは何か? Kintone(キントーン)はサイボウズ社の提供…

【Excel初心者向け】支払データと売上データを簡単にExcelで違算照合する方法

ある日突然、上司から「得意先から送られてくる支払データと我が社の売上データが合っているか超特急で照合してくれ」と言われたらどうしますか? こんにちは! 松田軽太です。 時間に余裕があるならExcelが得意な人とか情報システム部に丸投げすることもで…

『必ず食える1%の人になる方法』は新社会人にとって必読の本だとオススメする理由

たまたま藤原和博さんのYouTube動画を観たら面白かったので、「必ず食える1%の人になる方法」という本を読んでみました。 藤原和博の必ず食える1%の人になる方法 作者: 藤原和博 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2013/08/30 メディア: 単行本 この…

【Excel初心者向け】簡単にメルカリやラクマの在庫や売上をExcelで管理する方法

今やフリマアプリの普及で自分が持っている不要なモノを売るのがとっても簡単な時代になりました。 こんにちは! 松田軽太です。 僕の周りでも多くの友人がメルカリに出品しています。 要らないモノを処分して「断捨離」するとお部屋も気持ちもスッキリして…

「で、AIって何なの?」今さら聞けないAIの基礎知識

最近は一般の経済誌でもAIとか人工知能の記事が掲載されるようになりました。 それらを読むと「そうか、進化した人工知能が人間の仕事を奪うのか」と漠然と感じますよね。でも、ふと考えたら「そもそもAIって何なんだ?」って思いませんか? 今回はAIの基礎…

カルロス・ゴーン氏も効果を認めた「日産式改善」を考えてみる

カルロス・ゴーン氏の逮捕をキッカケに日産自動車について興味が沸きました。 こんにちは! 松田軽太です。 世界的に自動車関連の生産管理システムのお手本といえばトヨタ自動車のトヨタ生産方式です。 よくいわれるのがジャスト・イン・タイムやカンバン方…

入山章栄氏の「イノベーションの本質」を聞いて「なぜ日本の会社はイノベーションを起こせないのか?」を考えた

GAFAの大躍進以降、あちこちの会社で「我が社もイノベーションを起こせ!」と大号令がかかっているわりには何も出来ていないという会社も多いんじゃないでしょうか? こんにちは! 松田軽太です。 ということで社会学者の入山章栄氏の「イノベーションの本質…

「なぜ上司は部下のジャマばかりするのか?」と『速さは全てを解決する ゼロ秒思考の仕事術』を読んで感じた

今回は赤羽雄二氏の著書「速さは全てを解決する ゼロ秒思考の仕事術」を読んでみました。 こんにちは!松田軽太です。 働き方改革が進む中で必ず課題として上がるのが「日本企業の生産性の低さ」ですね。 とくにホワイトカラーといわれる事務部門はもう非効…

『仕事の問題地図』を読んで、まずは自分の仕事のやり方を改善したいと思った話

先日、沢渡あまね氏の著書『職場の問題地図』を読んで、自分の職場が問題だらけだと気がつき愕然としました。 こんにちは! 松田軽太です。 『職場の問題地図』を読むといかに自分の職場に問題あるのかということを痛切に感じさせられます。 問題を解決する…

佐藤可士和の超整理術で「思考を整理する方法」を学んだ

数年前に読んだ「佐藤可士和の超整理術」を再読してみました。こんにちは! 松田軽太です。さて「佐藤可士和」という人を皆さんはご存知でしょうか? ちょっと変わった字の名前ですが「さとう かしわ」と読みます。「さぁ、佐藤可士和なんて人は知らないなぁ…

『ハーバードが絶賛した新幹線清掃チームのやる気革命』を読んでみた

新幹線って日本の最先端技術を集めて作られた高速鉄道で、その品質の高さはスゴイですよね。 こんにちは!松田軽太です。 しかしこの本では地味な新幹線の清掃という仕事がハーバードビジネススクールで取り上げられたと紹介されています。 この本を読むまで…

マンション理事会でジャンケンに負けて、うっかり理事長になってしまった人が気を付けるべきこと

分譲マンションに住んでいると5月は憂鬱になる季節です。 それは理事会役員が入れ替わる時期だからです。こんにちは!松田軽太です。マンションの住民が交代で理事会役員をしなければなりません。 なぜ理事会役員がそんなに憂鬱なのかというとメチャクチャ面…

超高速開発ツールで社内システムを内製化で競争力を取り戻すべき理由

「開発・改良の切り札 システム内製化を極める」という本を読みました。 こんにちは!松田軽太です。 皆さんの会社には販売管理システムとか在庫管理システムとか生産管理システムが導入されていると思いますが、意外にこれらの企業の基幹システムの扱いで困…

仕事でExcelを活用する方法を知りたければ「たった1日で即戦力になるExcelの教科書」を読んでみて!

吉田拳さんの著書「たった1日で即戦力になるExcelの教科書」を読んでみました。 こんにちは!松田軽太です。 最近、よく職場でこんな相談をされる機会が増えました。 「毎月、月初に営業報告の資料を作るんだけど、簡単に作る方法あるかな?」 「多分、Exce…

会社で使うコンピューターシステムの開発が5割も失敗している根本的な理由

会社で使うコンピューターシステムの開発の半数がまともに機能せずに失敗しているって知ってましたか? こんにちは!松田軽太です。 それなりな規模の会社であれば、発注管理とか請求管理とか在庫管理など、何らかの情報システムを運用していると思います。 …

イノベーションってどうすりゃいいの? そんな時は大前研一氏の『「0から1」の発想術』を読んでみるといいかも

「0から1」の発想術を読んでみました。 まさに目からウロコのような発想が満載で驚きです。 こんにちは!松田軽太です。 また本書で紹介されている事例の幅広さに「さすがは大前研一氏だなぁ」と感心します。しかもその口調はかなり辛口です。 まず冒頭から…

「共感できる文章」を書くためのテクニックとは?

ブログを書き連ねていると 「果たして、今の文章の書き方って正しいのだろうか?」 「このブログ記事、本当に読んでて伝わるのかな?」 と自問自答するようになりました。 こんにちは!松田軽太です。 考えてみたら正しい文章の書き方なんて、働いてから学習…

ブログ飯とジャパネットたかたから学んだ「商品を売る」ということ

こんにちわ!松田軽太です。 ブログを書きはじめてからというもの、ブログの世界に興味深々になりました。 まさに「アタナの知らない世界」といった感じでカルチャーショックを浴びせられています。 ブログ界ではもはや定番の本なのでしょうが染谷昌利さんの…

脱Excelの救世主なんじゃね? 無料で使えるWEBデータベース「プリザンター」

こんにちわ!松田軽太です。 今回は無料で使えるWEBデータベース「プリザンター」の紹介です。 プリザンターとはオープンソフトといって誰でも無料で使えるソフトです。 プリザンターを説明する前に、ちょっと最近のExcelについて考えてみます。 最近、よく…

Excelのショートカットキーで、ほんのちょっとだけど生産性を上げてみる

こんにちは!松田軽太です。首相自らが働き方改革を大きな目標としているというニュースを毎日のように目にします。働き方改革で重要なのは、仕事の生産性の向上です。従来の終身雇用制って、どのくらい会社に自分が拘束されるか?が評価の基準になっていま…

戦略は一杯のコーヒーから学べるということ

こんにちは!松田軽太です。今回は「戦略は一杯のコーヒーから学べ」を読んでみました。戦略は「1杯のコーヒー」から学べ! (ビジネス・経済)作者: 永井孝尚出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版発売日: 2014/09/11メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件)…

マーケティングとは売り方を考えることらしい

永井孝尚氏の著者『これ、いったいどうやったら売れるんですか?』を読んでみました。この本はマーケティングの入門書ですが、初心者である僕にはすごく新鮮で面白かったです。いくら素晴らしい商品があっても、それを必要としている人の目に届かなければ、…

【スポンサーリンク】